メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

北海道民医連新聞

いきいき医学生!

雪かきフィールド
2008-01-31 20:22

医系学生22人 当別町
 冬の地域医療フィールド(雪かきフィールド)が19日、当別町で開催され、学生 
22人(医学生、看護学生)、医師4人が参加しました。地域医療に触れ、ボランティアもしながら学生同士の交流を目的に、今年で7回目を迎えます。
 

少雪で「物足りない」の感想も= 1月19日、当別町

 独力での雪かきが困難なお宅で雪かきし、お宅に上がって懇談。昨年と同じお宅に訪問した学生もいて、話が弾みました。例年に比べ雪が少なく、学生にとっては少し物足りない雪かきとなったようです。
 
 2日目には勤医協当別診療所の加藤達也所長が診療所医師のやりがいや、自分がどうして頑張ってこられたのかを、学生の質問に応える形式で講演しました。
学生たちは「診療所の良さがわかった」「地域医療の良さ、大切なことは患者さん
に近いということだと改めて感じた」など、大きな刺激を受けていました。
 (西山大輔・県連事務局)                             

印刷用ページ 

Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.