メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

北海道民医連新聞
  
北海道民医連新聞 : ニュース
2016-04-12 14:08

 2月20日、帯広市内で十勝社保協主催の「地域医療を守る緊急学習会」が開催され、47人が参加しました。

続きを読む | 残り326字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2016-04-12 14:07

原発も医療の障害に 

 今回は、後志圏西部の岩宇地域の医療状況を報告します。
 この地域は日本海側に面し、泊原発のある泊村を挟み、北に神恵内村、南に共和町、岩内町と並ぶ4町村で人口約2万2千人、中核病院は地域唯一の病院である岩内協会病院です。

続きを読む | 残り1165字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2016-04-12 14:04

 医師や看護師が不足している状況について、北海道はどのように捉え、今後に向けて具体的な対策を行っているのか。
 中央病院で働く看護主任ら26人が2月18日に道議会を訪れ、道の担当職員から医師・看護師需給見通しなどを聞きました。北海道勤医協看護部主任研修のとりくみです。

続きを読む | 残り857字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2016-04-12 14:02

 勤医協苫小牧病院は、外来に通院する高齢者の家族や知人などの連絡先を聞き取り、何かあったときすぐに連絡できるようにしています。
 患者さんの生活背景を知ることによって看護師の視点が変化し、友の会もいっしょになって地域から孤立死をなくそうととりくんでいます。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1687字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2016-02-18 14:09

 大間原発予定地の真ん中で、建設中止を求め続けている「あさこはうす」。
 東北電力はあさこはうすに通じる道路を、通行量が少ないことを理由に閉鎖しようと企んでいます。
 通行量を増やすために応援メッセージや宅配便を送って支援しましょう。

【宛て先】〒039―4601

 青森県下北郡大間町字小奥戸396

 あさこはうす 小笠原厚子 様


北海道民医連新聞 : 連載エッセー
2016-02-18 14:08

ノビタキ

写真家 中島宏章 

続きを読む | 残り396字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2016-02-18 11:35

 「戦争法廃止!野党は共闘を!」――。

 30日、マスコミが取材する中で大規模街頭宣伝が行われました。
 週末のすすきの交差点に宣伝カーが停まり、若者が声をあげます。

続きを読む | 残り389字 |

北海道民医連新聞 : 地域の医療と社会保障を守ろう
2016-02-18 11:30

 2日、「ストップ!TPPデモ」が札幌市で行われ、マイナス5度のなか150人が「農業守ろう、医療を守ろう!地域を守ろう!」とドラムのリズムにあわせて訴えました。

 デモの前に各団体の代表がアピールしました。

続きを読む | 残り484字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2016-02-18 11:27

 毎年雪まつりの時期に、米艦船が小樽港に入港しています。
 この冬も2月4日と5日、パトリオット、ベンフォールドが連続して入港。
 米艦船寄港反対小樽連絡会は4日午後2時、5日朝8時に60人が集まり、「小樽港を軍港にするな」と抗議集会を開きました。

続きを読む | 残り377字 |

北海道民医連新聞 : 青年ジャンボリー
2016-02-18 11:26

 道央青年ジャンボリー実行委員会は6〜7日、小樽・余市診療所、泊原発とまりん館をめぐる学習ツアーを行い、20人の青年が参加しました。

続きを読む | 残り301字 |

北海道民医連新聞 : 東日本大震災
2016-02-18 11:23

支援打ち切りに怒り

 1月28日、Shut泊が主催する「自然エネルギーと原発のこれからを考える連続講座」の9回目が行われました。
 札幌市厚別区で自治会を組織し、福島原発事故からの自主避難者を支え続けている宍戸隆子さんが避難者の思いや、住宅支援が打ち切られようとしている問題についてお話しました。
 要旨を紹介します。

続きを読む | 残り2797字 |

北海道民医連新聞 : 道内各地から
2016-02-18 11:18

 1月30日、北海道保健企画の事務職員交流集会が開催され、事務職員38人が参加しました。

続きを読む | 残り421字 |

北海道民医連新聞 : 地域の医療と社会保障を守ろう
2016-02-18 11:16

 北海道は政府方針に基づき、2025年の必要病床数として、1万〜1万5000床を減らす案を示しています。
 二次医療圏ごとの地域医療構想調整会議がこの数を検討し、北海道地域医療構想が夏頃に策定される予定です。
 病床削減による地域医療への重大な影響が懸念されています。

続きを読む | 残り502字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2016-02-18 11:12

 さっぽろ雪まつりが開催されている大通公園近くの交差点で11日、毎年恒例の「雪まつり署名宣伝行動」がとりくまれ、中央病院共闘委員会、東友の会、勤医協本部、10条クリニック、西区病院、老健柏ヶ丘の職員、在宅グループなどから総勢90人が参加。

 署名ハガキ入りポケットティッシュを配り、「戦争法廃止」「看護師増員」を求める署名を呼びかけると、たくさんの観光客や市民が足を止めて応じてくれました。

続きを読む | 残り345字 |

北海道民医連新聞 : 医師のページ
2016-02-18 11:10

 北海道民医連外科学術交流会が1月30日に札幌市内で開催されました。

続きを読む | 残り297字 |

北海道民医連新聞 : 地域の医療と社会保障を守ろう
2016-02-18 10:55

病床不足なのに削減

 北渡島桧山圏域のせたな町(人口8637人)は、2005年9月に北檜山町・瀬棚町・大成町が合併して誕生しました。
 北渡島檜山圏域の2025年の病床数は、北海道の案では1005床から543床へと削減されます。
 人口は約20%減少しますが、75歳以上の人口は4・2%増えます。

(沢野天・県連事務局) 

続きを読む | 残り1269字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2016-02-18 10:51

 戦争法廃止を求める2000万署名が全道で活発にとりくまれています。
 署名付きはがきが大量に寄せられ、街頭では「アベ政治を許さない」スタンディングアクションが行われています。
 各地のニュースから紹介します。

続きを読む | 残り1015字 |

北海道民医連新聞 : 道内各地から
2016-02-18 10:45

事例から考える過疎地のこれから

 芦別平和診療所の所長として昨年9月に赴任した勝田琴絵医師は、患者さんにとって患者会の仲間や、スーパーの店員とのつながりが生活や心の支えになっていることに気付きました。
 高齢化がすすむ過疎地で住民が安心して暮らせるために何が必要で、自分たちに何ができるのかを考えています。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1508字 |

北海道民医連新聞 : 連載
2015-08-11 12:17

エゾニュウ

写真家 中島宏章

続きを読む | 残り392字 |

北海道民医連新聞 : 医師のページ
2015-08-11 12:00

 7月25日、北海道民医連青年医師の会総会が開催され、18人の会員が参加しました。

続きを読む | 残り411字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 11:40

 函館在住の児童文学作家・森越智子さんが、長期の取材をもとに書きあげた若者向けノンフィクション作品。
 今年7月に出版されました。

続きを読む | 残り398字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2015-08-11 11:10

 7月25〜26日、全道ジャンボリー実行委員会が開かれ、全道実行委員15人が参加しました。

続きを読む | 残り213字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2015-08-11 11:09

 青年ジャンボリー実行委員会の事務局が中心に、14回目の反核平和自転車リレーを8月1日に開催しました。

続きを読む | 残り396字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 10:36

 7月25〜26日、道民医連が主催する医系学生のつどい「MSフェスタ」が行われ、『原爆投下70年の年に原爆・原発を考える』をテーマに看護学生32人、全道の各法人の職員16人が参加しました。

続きを読む | 残り452字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 10:16

 米国、ミシガン州生まれの詩人・俳人、随筆家、翻訳家。童話『焼かれた魚』の英訳を機に日本語での詩作、翻訳を始める。エッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなど活動の幅を広げている。
 7月19日に行われた第7回北海道民医連看護介護研究交流集会で、詩人のアーサー・ビナードさんが記念講演をしました。
 要旨を紹介します。

(要約は編集部) 

続きを読む | 残り2931字 |

北海道民医連新聞 : 介護のページ
2015-08-11 09:48

8月からの改定で2.5倍もの負担増に悲鳴

続きを読む | 残り1161字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 09:26

事務局長 太田 美季 

 第3回評議員会は、日本の国のあり方をめぐる歴史的岐路の中で開催されます。
 この半年間を振り返り情勢認識を一致させ、次期総会までの半年間の方針を確認することが主要な任務です。

続きを読む | 残り1906字 |

北海道民医連新聞 : 平和と憲法9条を守ろう
2015-08-11 09:21

「死にたくない、死にたくない」/雲の切れ目から無差別攻撃

 「戦争記憶の継承」今回は、北海道で函館、室蘭、根室、釧路に次いで5番目に多い犠牲者を出した十勝の本別空襲について、体験者からお聞きしました。

続きを読む | 残り1490字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 09:10

 勤医協中央病院に今年4月、内科として脳卒中の診断・治療を行う脳血管診療部が誕生しました。
 この4ヵ月で80人以上が入院し、年間100人の想定を大幅に超える200〜300人の入院が予想されています。

続きを読む | 残り1121字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 09:05

 高校生・予備校生を対象に夏休みを利用した「一日医療探検」が道内の病院で行われています。中央病院、札幌病院、西区病院には今年、札幌市内・近郊から100人を超える応募があり、7月21日から様々な企画がとりくまれています。

続きを読む | 残り309字 |

« 1 (2) 3 4 5 ... 72 »
Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.