メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

北海道民医連新聞
  
北海道民医連新聞 : ニュース
2016-04-12 14:04

 医師や看護師が不足している状況について、北海道はどのように捉え、今後に向けて具体的な対策を行っているのか。
 中央病院で働く看護主任ら26人が2月18日に道議会を訪れ、道の担当職員から医師・看護師需給見通しなどを聞きました。北海道勤医協看護部主任研修のとりくみです。

続きを読む | 残り857字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2016-04-12 14:02

 勤医協苫小牧病院は、外来に通院する高齢者の家族や知人などの連絡先を聞き取り、何かあったときすぐに連絡できるようにしています。
 患者さんの生活背景を知ることによって看護師の視点が変化し、友の会もいっしょになって地域から孤立死をなくそうととりくんでいます。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1687字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2016-02-18 14:09

 大間原発予定地の真ん中で、建設中止を求め続けている「あさこはうす」。
 東北電力はあさこはうすに通じる道路を、通行量が少ないことを理由に閉鎖しようと企んでいます。
 通行量を増やすために応援メッセージや宅配便を送って支援しましょう。

【宛て先】〒039―4601

 青森県下北郡大間町字小奥戸396

 あさこはうす 小笠原厚子 様


北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 11:40

 函館在住の児童文学作家・森越智子さんが、長期の取材をもとに書きあげた若者向けノンフィクション作品。
 今年7月に出版されました。

続きを読む | 残り398字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 10:36

 7月25〜26日、道民医連が主催する医系学生のつどい「MSフェスタ」が行われ、『原爆投下70年の年に原爆・原発を考える』をテーマに看護学生32人、全道の各法人の職員16人が参加しました。

続きを読む | 残り452字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 10:16

 米国、ミシガン州生まれの詩人・俳人、随筆家、翻訳家。童話『焼かれた魚』の英訳を機に日本語での詩作、翻訳を始める。エッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなど活動の幅を広げている。
 7月19日に行われた第7回北海道民医連看護介護研究交流集会で、詩人のアーサー・ビナードさんが記念講演をしました。
 要旨を紹介します。

(要約は編集部) 

続きを読む | 残り2931字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 09:26

事務局長 太田 美季 

 第3回評議員会は、日本の国のあり方をめぐる歴史的岐路の中で開催されます。
 この半年間を振り返り情勢認識を一致させ、次期総会までの半年間の方針を確認することが主要な任務です。

続きを読む | 残り1906字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 09:10

 勤医協中央病院に今年4月、内科として脳卒中の診断・治療を行う脳血管診療部が誕生しました。
 この4ヵ月で80人以上が入院し、年間100人の想定を大幅に超える200〜300人の入院が予想されています。

続きを読む | 残り1121字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-08-11 09:05

 高校生・予備校生を対象に夏休みを利用した「一日医療探検」が道内の病院で行われています。中央病院、札幌病院、西区病院には今年、札幌市内・近郊から100人を超える応募があり、7月21日から様々な企画がとりくまれています。

続きを読む | 残り309字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-31 14:21

怖いから声をあげた

続きを読む | 残り915字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-28 15:29

税理士 本田 秀行さん 

 6月27日、道社保協第22回総会が開かれ、税理士の本田秀行さんが「マイナンバー法で暮らしや商売はどうなる」と題して記念講演しました。
「基礎編」を中心に要旨を紹介します。

続きを読む | 残り3054字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-28 15:17

 7月4日、「核戦争に反対する北海道医師・歯科医師の会第27回総会」が札幌市内で開催されました。

続きを読む | 残り524字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-28 14:43

 憲法学習運動が全道の事業所でとりくまれています。
 中央病院と勤医協在宅で行われている戦争体験聞き取りの学習を紹介します。

続きを読む | 残り1752字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-06 18:34

 アスベスト被害相談会実行委員会は、6月13〜21日にかけて、札幌、室蘭、函館で「アスベスト被害相談会」を開催しました。

(村井勇太・働く人びとのいのちと健康をまもる北海道センター) 

続きを読む | 残り437字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-06 18:32

 「STOP安倍政権!6・13国民大集会」が東京臨海公園で行われ、全国各地から1万6000人が集まりました。
 北海道代表団26人(道民医連職員16人)が参加しました。

続きを読む | 残り516字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-06 18:21

根拠なき「戦争法案」

東京外国語大学教授 伊勢 賢治さん 
国連職員、日本政府特別顧問として、アフガニスタンなどの紛争地で武装解除を担当 

 6月6日、医療九条の会が主催して市民講演会「本当の戦争の話をしよう」が東京外国語大学教授の伊勢賢治さんを講師に行われました。
 概要を紹介します。

続きを読む | 残り2966字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-06 17:42

国会に届け「憲法守れ」の声/全道各地から5500人

 札幌市で6月20日、「戦争させない北海道大集会」が行われ、全道各地から5500人が集いました。
 会場ステージから、戦争させない北海道委員会の呼びかけ人が戦争法案の危険性を訴えました。

続きを読む | 残り903字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-06 15:24

道民医連 沖縄辺野古支援・連帯行動に20人

 戦後70年を迎えて、「いのちと暮らし、平和を守る憲法学習大運動」企画が道民医連で行われています。
 人権とくらしが脅かされている沖縄の実態を学び、基地建設反対のたたかいに連帯しようと、6月17〜19日に全道9法人の職員20人が梅雨明けの暑い沖縄を訪問。
 辺野古新基地建設に抗議する座り込み行動に参加しました。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り2901字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-01 11:16

ヒシの実

写真家 中島宏章 

続きを読む | 残り396字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-01 10:52

 5月30日の道民医連理事会で、佐藤博文弁護士が「戦争法案」についての学習講演を行いました。
 要旨を紹介します。(要約は編集部)

続きを読む | 残り2914字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-07-01 10:20

働く人びとのいのちと健康をまもる北海道センター 村井 勇太さん 

続きを読む | 残り458字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 13:53

〜コウモリを中心に野生動物の写真作品を展示〜

●浜中町 霧多布湿原センター  
      6月2日〜6月28日 

●根室市 明郷伊藤☆牧場 レストランATTOKO 
      7月2日〜8月29日 

●千歳市 嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー&THE BIRD WATCHING CAFE 
      9月2日〜9月27日 

●札幌市 茶廊法邑(さろうほうむら) 
      10月28日〜11月5日 


北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 13:49

 チェルノブイリ原発事故から29年目の4月27日、「低線量被ばくの影響を考える」学習講演会が札幌市内で開かれ、勤医協中央病院・放射線部副部長の柏樹力さんが講演。

続きを読む | 残り329字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 13:46

 NPT核不拡散条約再検討会議要請行動(4月24〜30日)に道央圏から参加した代表6人の報告会が5月20日、札幌市内で開かれ、地域の友の会員含めて55人が参加しました。

続きを読む | 残り329字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 10:37

HMメディカルで「憲法」学ぶ

 HMメディカルは5月26日の全職員会議で、川上麻里江弁護士(さっぽろ法律事務所)を招き、「反・立憲主義とのたたかい3年目を迎え、何を学び、何をすればよいのか」をテーマに学習しました。

続きを読む | 残り339字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 10:34

 被爆から70年をむかえた今年も「なくそう核兵器!つなごう被爆者の願い」をアピールする国民平和大行進が道内で開催されました。

続きを読む | 残り663字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 10:15

 5月23日、北海道地域・自治体問題研究所が創立5周年を記念して、「『自治体消滅』論に異議あり〜真の『地域再生』と地域の未来」と題してシンポジウムが行われました。
 シンポジストには、訓子府町の菊池一春町長、本別町の高橋正夫町長が報告しました。
 報告の要旨を紹介します。

続きを読む | 残り3190字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 10:06

 5月18日、「医師・看護師・介護職員の大幅増員!夜勤改善を!ロングラン署名宣伝行動」が札幌チカホで行われ、北海道勤医労などが4時間にわたって署名宣伝行動を実施。
 30人が参加し、「安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める」署名800筆を集めました。

続きを読む | 残り447字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 10:03

 この4月、道北勤医協の職員から旭川市議が誕生しました。

続きを読む | 残り583字 |

北海道民医連新聞 : ニュース
2015-06-05 10:01

 月一度、昼休みに行われる「学び舎」で患者の歴史を学びます
 旭川医院に通う患者さんが、家族の話、昔の話を生き生きと話します。
 萩原信宏院長はその話をもとに地域や戦争の歴史を調べています。
 全職員学習会「学び舎」を開き、医療・介護だけでなく、診察室からひも解かれた歴史を学んでいます。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1041字 |

« 1 (2) 3 4 5 ... 28 »
Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.