メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

いきいき医学生!

2013-11-23 15:48

 11月9?10日、北海道民医連奨学生の合宿が札幌真駒内の青少年会館で開催され、医学生16人と医師6人が参加。
 各地から奨学生活動についての報告のあと、2つの講演と班討論が行われました。

続きを読む | 残り415字 |

2013-05-01 14:09

 4月2?5日、稚内市で北海道大学と札幌医科大学の医学生3人が「街づくりとは何か」「連携とは何か」「医療とは何か」を考える地域実習を行いました。
 友の会や市職員、教育者や医療関係者から稚内市の現状と思いを聞き、地域医療のあり方を考えさせられる実り多い実習になりました。

(今野聡・県連事務局) 

続きを読む | 残り1313字 |

2013-04-03 10:31

 3月7日?10日、北海道と東北地協の医学生60人が沖縄県で合宿し、米軍基地や戦跡などを見学しました。

続きを読む | 残り432字 |

2012-12-17 14:57

 道民医連主催の奨学生合宿が10月13?14日の日程で開催され、医学生15人、医師10人など36人が参加しました。

続きを読む | 残り471字 |

2012-08-14 14:12

 群馬大学で8月9?12日にかけて行われる「全国医学生ゼミナール(医ゼミ)」を前に、全国で「プレ医ゼミ」が開催されています。
 北海道でも北海道大学医学部で「プレ医ゼミin札幌2012」(主催=札幌医ゼミに行く会「すずらん」)が7月14日に行われ、北大・札医大・旭医大など11の医系大学・専門学校から45人が参加しました。
参加者からのレポートです。

続きを読む | 残り549字 |

2012-08-14 13:59

幌延町・稚内市を舞台に、原発・エネルギー問題への理解を深めようと、道内の医学生による学習ツアー「幌延・稚内フィールド」が7月17?18日に行われ、旭川医科大学から13人、北大医学部から2人が参加しました。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1262字 |

2012-02-14 13:50

 1月21?22日、道北勤医協旭川医院をメイン会場に開催された地域医療フィールドに、道内3大学から医学生12人が参加。
 講演や患者訪問などを通し、求められる医療や理想の医師像を考えました。

続きを読む | 残り632字 |

2011-11-18 13:57

奨学生合宿で交流深め 

続きを読む | 残り492字 |

2011-09-03 10:46

 7月30?31日、第8回MSフェスタ2011 (道民医連主催の医系学生のつどい)が開催されました。

続きを読む | 残り435字 |

2011-07-29 14:04

医療人めざす高校生が病院見学 
 
 高校の夏休み期間を利用して行われる「高校生1日医師体験」が、全道でとりくまれています。

続きを読む | 残り581字 |

2011-07-25 16:39

 7月9日、「地域医療フィールドワーク」が西区病院で開催され、北大、札医大、旭医大から15人の医療系学生が参加して「都市型の地域医療」をテーマに学びました。

続きを読む | 残り511字 |

2011-05-18 18:50

 4月27日道北勤医協一条クリニックにて、「3・11東日本大震災」というテーマで旭川医大医学生ミーティング「医徒場楽(いどばた)☆ミーティング」が開催されました。

続きを読む | 残り631字 |

2011-04-15 16:32

賢い生活アドバイス
 

続きを読む | 残り266字 |

2011-03-10 16:03

高校生が熱い議論 
 
 3月5日、勤医協西区病院で高校生リピーター企画「みんなで考えよう『いい医者』ってなに?」を開催しました。

続きを読む | 残り600字 |

2010-11-27 10:22

 北海道民医連の合同奨学生合宿が11月13、14日に札幌市中央区のNTTセミナーセンターで奨学生11人が参加して行われました。

続きを読む | 残り381字 |

2010-07-17 15:30

 北海道民医連の地域医療フィールドワークが7月3日と4日に黒松内で行われ、医学生8人が参加しました。

続きを読む | 残り566字 |

2009-09-17 14:41

「貧困」テーマに医療者の役割を考える
苫小牧の取り組みを報告


8月17日から3日間、第30回医学生のつどいが静岡県熱海市で開催され、全国(一部海外も)から医学生約200人をはじめ、職員や共同組織の方々合わせて400人が参加しました。
北海道からは医学生8人、医師4人、職員3人、助言者2人が参加しました。

続きを読む | 残り562字 |

2009-07-21 12:10

救出された元ホームレスの体験談も

 医学生を中心に地域医療を学ぶ「地域医療フィールド」が7月4、5の両日、勤医協苫小牧病院を中心に行われ、奨学生3名をはじめ11名の学生が参加しました。


続きを読む | 残り819字 |

2008-10-03 14:37

中病職員が情熱的に呼びかけ


北海道札幌旭丘高校の「進路探求学習ゼミナール」に北海道勤医協中央病院の研修医6人、看護師3人、薬剤師1人が招かれ、8月27日、2年生80人に「命を守る仕事」の魅力を情熱的に語りかけました。
進路指導の公式行事にこれほど多くの職員が招かれたのは、北海道民医連では初めて。  (渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1369字 |

2008-04-10 18:33

「集団自決」、戦争を見つめる
 「北海道・東北地協合同の医学生合宿」が3月27日から30日まで沖縄県で開催され、地協全体で20人、北海道から10人の学生が参加しました。
 那覇に到着後、船で渡嘉敷島へ渡りました。奇しくも63年前のこの日が渡嘉敷島への米軍上陸の日で、翌28日に渡嘉敷島で悲惨な集団自決が起こりました。船には礼服を着た人や、マスコミ関係者が多数乗船していました。

続きを読む | 残り566字 |

2008-01-31 20:22

医系学生22人 当別町
 冬の地域医療フィールド(雪かきフィールド)が19日、当別町で開催され、学生 
22人(医学生、看護学生)、医師4人が参加しました。地域医療に触れ、ボランティアもしながら学生同士の交流を目的に、今年で7回目を迎えます。
 

続きを読む | 残り304字 |

2007-12-29 14:59

 夕張・南清水沢診療所所長 立花 康人さん

 12月19日「地域医療を考えるフィールド」の第2弾として、道内3大学の医学生4人が、財政再建に揺れる夕張市で地域医療を担う南清水沢診療所所長の立花康人医師を訪ねました。

続きを読む | 残り1110字 |

2007-10-22 13:27

「反核医師・医学者のつどい」(京都)に参加して
高橋 聡 北海道大学医学部1年

9月23日、24日に京都市で開催された「反核医師・医学者のつどい」に参加してきました。
 今回が初めての参加でしたが、立命館大学の国際平和ミュージアムの見学、諸先生方の講演、各地から参加していた学生との交流など、多くの貴重な経験をさせていただきました。

 

続きを読む | 残り753字 |

2007-09-01 10:19

こんな職場で働きたい
 函館稜北病院で7月28日、リハビリ学生向けの夏期ゼミを開催しました。当初の予想をはるかに超える38人のPT・OT・STの学生が参加しました。(水野 さおり・函館稜北病院リハビリテーション部主任、作業療法士)

続きを読む | 残り796字 |

Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.