メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

友の会のページ

 日本海に面した人口5000人のまち、上ノ国町。
 青函トンネル工事や林業に従事していた人たちが多く、振動病などの労災患者として道南勤医協と深くかかわっています。
 これまで町内の友の会員は、隣町の江差友の会に所属し、「道南勤医協だより」も江差から郵送されていました。
 そのため、町内での友の会結成が望まれていました。

続きを読む | 残り1168字 |

白石健康友の会 山田靖邦会長に聞く 

 今年の「友の会強化月間」が終了しました。
 「安心してくらせるまちづくり」を掲げて、1万8千軒を超える地域訪問をやりあげ、4500人の友の会員と、400人の「いつでも元気」読者を迎えることができました。
 拡大とともに、「地域訪問」「健康相談会」「青空健康チェック」の目標を全て達成した、道央・札幌白石健康友の会の山田靖邦会長に聞きました。

続きを読む | 残り1052字 |

秋の大運動へ決意 

 9月28?29日、「北海道民医連第12回友の会活動交流集会in函館」が開かれました。
 全道各地から339人の友の会員と職員が学習・交流し、秋の大運動・「友の会強化月間」成功を誓いあいました。

続きを読む | 残り1067字 |

 8月の全日本民医連評議員会、北海道民医連全道学習会をへて、全道でいっせいに「友の会強化月間」のスタート集会が開催されています。

続きを読む | 残り511字 |

「でも、楽しいものですよ」 

道北勤医協西神楽友の会 森崎 正勝さん 

続きを読む | 残り540字 |

 第15回民医連道南ブロック友の会世話人活動交流集会が、10月6日に函館市亀田福祉センターで開催されました。

続きを読む | 残り552字 |

ゲタ履きで行けるお風呂を 

 「近くに銭湯がなくて困っています。毎日お風呂に入りたい」。
 函館市五稜郭の市営団地に住む高齢の女性が呟きました。
 その一言が市民を巻き込んだ運動に広がり、ついにこの9月、団地の一角に共同浴場が完成しました。
 運動の中で友の会が大きな力を発揮しました。

(渋谷真樹・県連事務局) 

続きを読む | 残り1674字 |

十勝勤医協友の会連絡協議会 副会長 阿部将宏さん 

 9月2?3日、第11回全日本民医連共同組織活動交流集会が岩手県で行われ、北海道から80人が参加しました。

続きを読む | 残り731字 |

とても身近な存在 

オホーツク勤医協はこのほど、170人を超える職員全員が友の会員となりました。

続きを読む | 残り345字 |

 「月間」を通じて、各地で学習会、健康相談会そして1万件を越える地域訪問などがとりくまれ、これまでに2500人の新友の会員と、300人の「いつでも元気」読者を迎えることができました。
 後半戦最初の土曜日である11月5日は、全道で地域訪問を中心に様々なとりくみが行われました。

続きを読む | 残り692字 |

 北海道民医連として初めての友の会役員研修会が、7月7?8日に北広島市で開催され、全道から37人が参加しました。

続きを読む | 残り363字 |

十勝に470人


 澄み渡る十勝晴れの下、9月25、26日の両日、十勝川温泉で、第10回全道友の会交流集会が開催されました。

続きを読む | 残り633字 |

 10月5日、美瑛町福祉センターで老人クラブの健康チェックがおこなわれ、道北勤医協から職員2人が参加しました。

続きを読む | 残り160字 |

南・北で900人が活動

網走市は、人口4万人で漁業と農業が中心の湖と森の自然にかこまれた「北の水都」。
民医連事業所のない地域に、北と南の2つの友の会があり、あわせて900人が活動しています。

続きを読む | 残り719字 |

 
 民医連には、それぞれの法人や事業所・地域ごとに「友の会」などの住民組織があり、私たちは「共同組織」と呼んでいます。北海道には26万人を超える共同組織構成員がおり、地域で健康なまちづくりをめざした活動や、助け合い・相談の活動、平和や医療・社会保障をまもり改善する運動にとりくんでいます。また、民医連の事業と運動に主体的にかかわりながら、医療をともに考え、経営をまもり、医師をはじめとした職員の確保や養成にも大きな力を発揮しています。
 「友の会」への入会については各地の法人および事業所にお問い合わせください。
 
 
 
 
 全日本民医連が編集する月刊誌「いつでも元気MIN-IREN」は、医療・健康についての最新の情報全国各地の元気な共同組織の活動を紹介しています。
 購入・購読については、発行元である「保健医療研究所」または、お近くの民医連事業所までお申し込みください。
 
毎月発行  定価 380円
  (郵送希望の場合は送料として1部80円がかかります)
 
発行 保健医療研究所  東京都文京区湯島2-4-4
電話 03-5842-5656


Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.