メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

平和と憲法9条を守ろう

2016-02-18 11:35

 「戦争法廃止!野党は共闘を!」――。

 30日、マスコミが取材する中で大規模街頭宣伝が行われました。
 週末のすすきの交差点に宣伝カーが停まり、若者が声をあげます。

続きを読む | 残り389字 |

2016-02-18 11:27

 毎年雪まつりの時期に、米艦船が小樽港に入港しています。
 この冬も2月4日と5日、パトリオット、ベンフォールドが連続して入港。
 米艦船寄港反対小樽連絡会は4日午後2時、5日朝8時に60人が集まり、「小樽港を軍港にするな」と抗議集会を開きました。

続きを読む | 残り377字 |

2016-02-18 11:12

 さっぽろ雪まつりが開催されている大通公園近くの交差点で11日、毎年恒例の「雪まつり署名宣伝行動」がとりくまれ、中央病院共闘委員会、東友の会、勤医協本部、10条クリニック、西区病院、老健柏ヶ丘の職員、在宅グループなどから総勢90人が参加。

 署名ハガキ入りポケットティッシュを配り、「戦争法廃止」「看護師増員」を求める署名を呼びかけると、たくさんの観光客や市民が足を止めて応じてくれました。

続きを読む | 残り345字 |

2016-02-18 10:51

 戦争法廃止を求める2000万署名が全道で活発にとりくまれています。
 署名付きはがきが大量に寄せられ、街頭では「アベ政治を許さない」スタンディングアクションが行われています。
 各地のニュースから紹介します。

続きを読む | 残り1015字 |

2015-08-11 11:10

 7月25〜26日、全道ジャンボリー実行委員会が開かれ、全道実行委員15人が参加しました。

続きを読む | 残り213字 |

2015-08-11 11:09

 青年ジャンボリー実行委員会の事務局が中心に、14回目の反核平和自転車リレーを8月1日に開催しました。

続きを読む | 残り396字 |

2015-08-11 09:21

「死にたくない、死にたくない」/雲の切れ目から無差別攻撃

 「戦争記憶の継承」今回は、北海道で函館、室蘭、根室、釧路に次いで5番目に多い犠牲者を出した十勝の本別空襲について、体験者からお聞きしました。

続きを読む | 残り1490字 |

2015-08-11 09:03

広島と長崎で反核・平和を願う

 原水爆禁止世界大会が8月4日から始まりました。
 被爆70年の今年は、6日まで広島で、7日から9日は長崎で開催され、全国、世界から3000人を超える人々が集まります。
 北海道民医連からは73人の職員、友の会員が代表として参加しています。
 多くが長崎の大会に参加しますが、道東勤医協の代表団12人は広島の大会に参加しています。
 釧路協立病院・言語聴覚士の磯貝智さんのレポートです。

続きを読む | 残り888字 |

2015-07-31 15:16

 衆院安保法案特別委員会での強行採決と緊迫した情勢の中、7月14〜15日の中央行動に北海道民医連から5人が参加しました。
 県連事務局から参加した引地寿彦さんの報告です。

続きを読む | 残り506字 |

2015-07-31 15:13

 7月11日、札幌市内で「核兵器をなくす青年のつどい」(同実行委員会主催)が行われ、今年の原水禁世界大会に参加を決意している青年などもふくめ34人が集いました。

続きを読む | 残り367字 |

2015-07-31 15:11

 7月10〜12日の3日間、道東の反核平和自転車リレーが行われ、納沙布岬から釧路協立病院までの約150劼鯣審法κ刃造鯀覆┐覆ら走りました。

続きを読む | 残り390字 |

2015-07-31 15:09

 7月8日、北海道民医連の太田美季事務局長が北海道医師会と北海道保険医会の事務所を訪れ、安全保障法制案に明確に反対の態度表明を求める要請を行いました。
 それぞれの会の事務局長が対応し、堺会長名の要請書を手渡しました。

続きを読む | 残り403字 |

2015-07-31 15:07

元自衛隊員が戦争法案に反対

 「私たちはたたかわない7・11北海道集会」で元陸上自衛官の末延隆成さんが現役のときに使用していた迷彩服姿で登壇し発言しました。
 要旨を紹介します。

続きを読む | 残り1133字 |

2015-07-31 14:40

ドキュメンタリー映画監督 影山 あさ子さん

神戸市生まれ。
北海道AALAの事務局勤務を経て、ドキュメンタリー映画監督に。
「ラブ沖縄@辺野古@高江」(2012)、「笹の墓標」(2013)、「圧殺の海−沖縄・辺野古」(2015)を制作。
札幌市在住。 

続きを読む | 残り1927字 |

2015-07-31 14:31

米軍機が函館を襲う 

 70年前の7月14〜15日、函館で空襲があり、多くの命が奪われました。
 当時、青函連絡船の乗組員だった斉藤繁さん(87・道南勤医協友の会員)が戦争体験を語りました。

続きを読む | 残り1468字 |

2015-07-31 14:26

8月6日―9日、長崎で原水爆禁止世界大会が開催されます。

続きを読む | 残り538字 |

2015-07-31 14:18

 7月15日、戦争法案が衆議院特別委員会で強行採決され、国民の怒りが広がっています。

続きを読む | 残り736字 |

2015-07-30 09:22

 戦争法案の強行採決が近づく7月11日、 北海道弁護士会連合会が主催した「わたしたちは戦わない!NO WAR大集会&パレード」が札幌市中島公園で行われ、道内の労働組合や市民団体、個人参加者など6000人以上が集まりました。

続きを読む | 残り498字 |

2015-07-28 16:05

 日本を戦争する国に作り変えようとする「戦争法案」を何としても廃案にしようと、北海道民医連と北海道勤医労が共同して署名ハガキ25万枚を作りました。
 全道の友の会新聞と一緒に送付しています。

続きを読む | 残り422字 |

2015-07-28 16:00

 6月27、28日、十勝で反核平和自転車リレーが開催されました。

続きを読む | 残り495字 |

2015-07-28 15:58

 札幌西・手稲健康友の会は、6月26日、恒例の友の会新聞折り込み作業を終えての幹事会で、戦争法案についての学習会をおこない、友の会幹事や役員20人が参加しました。

続きを読む | 残り338字 |

2015-07-28 14:37

若者の呼びかけに1000人

続きを読む | 残り425字 |

2015-07-28 14:33

「いのちと暮らし、平和を守る憲法学習大運動」全道学習集会が6月27日に札幌市内で行われました。

続きを読む | 残り1164字 |


2015-07-01 11:11

 医療九条の会・北海道などでつくる実行委員会の主催で、元国連職員として紛争地域で直接武装解除にあたってきた伊勢賢治さん(東京外国語大学教授)の講演会が開かれ、300人が参加しました。

続きを読む | 残り324字 |

2015-07-01 11:09

 67年前の5月15日、ユダヤ人がパレスチナ人を迫害してイスラエルを建国しました。
 破局・大災厄を意味する「ナクバ」の日として、世界中でイスラエルに抗議するとりくみが行われています。

続きを読む | 残り467字 |

2015-07-01 10:56

 函館稜北病院で6月3日、「許すな!『戦争立法』『医療改悪法案』いのちとくらし、平和憲法を守ろう集会」が行われ、民医連道南ブロックの職員と友の会から80人が参加しました。

続きを読む | 残り204字 |

2015-07-01 10:03

私たちにできることは何だろう…

 いのちとくらし・平和を守る憲法学習大運動のとりくみが全道の事業所で行われています。
 道東勤医協ねむろ医院の朝の打ち合わせで、患者訪問で聞いた戦争体験が報告され、憲法9条を守り抜こうと呼びかけられました。

(渋谷真樹・県連事務局)

続きを読む | 残り1543字 |

2015-05-08 15:06

爆撃に震えた2日間/室蘭の空襲・艦砲射撃

 今年は戦後・被爆70年です。
 先の戦争では多くの命が奪われ、くらしや人権が脅かされました。
 私たちの先輩たちは「二度と戦争しない」と決意して憲法をつくり、国内外に誓いました。
 しかし今、国外で戦争する国に変えようとする動きがあります。
 北海道に住む戦争体験者からお話を聞いて、「戦争とは何か」を考えましょう。
 室蘭市の日鉄輪西製鉄所で電話交換手として働いていた三浦昌子さん(89歳)の体験談を紹介します。

続きを読む | 残り1397字 |

2015-05-08 15:01

 集団的自衛権の行使容認がされ、「戦争する国」の準備がすすめられている今、自衛隊員の家族はどのような心境なのでしょうか。
 自衛隊員の夫をもつAさんに聞きました。

続きを読む | 残り545字 |

(1) 2 3 4 ... 7 »
Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.