メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

平和と憲法9条を守ろう

2007-12-19 10:47

フリ-ジャーナリスト西谷文和さんが札幌で講演

イラクで取材するフリージャーナリストの西谷文和さんが6日、医療九条の会・北海道の招きで来道し、札幌市内3カ所で講演しました。
 
 

続きを読む | 残り299字 |

2007-12-19 10:42

米軍再編許すな

 12月1日、道民医連会館を会場に第31回全道基地問題交流集会が開催され、全道各地で米軍基地強化反対の運動など基地問題に取り組んでいる団体代表ら50人が参加し、熱心な討論が行われました。北海道民医連各法人からも職員が参加しました。

続きを読む | 残り682字 |

2007-11-23 17:12

 戦争の実態見ない判決

全国で初めて自衛隊のイラク派兵差し止めを請求した訴訟の判決が19日、札幌地裁でありました。

続きを読む | 残り709字 |

2007-11-14 20:17

市民の抗議を無視
  
 10月26日早朝、室蘭港崎守埠頭に米空母キティホークが随伴艦を従えて姿を現しました。民間港への空母の入港は、全国で小樽港に続いて2港目です。

 8月以来、多くの市民が「軍港でもない室蘭港に、空母を受け入れるな」と室蘭市に求め続けてきました。しかし、市長は米軍の要請に「断る理由がない」と、入港を歓迎しました。
 キティホークがわざわざ市民の反対を押しきって室蘭港に寄港するのは、太平洋側に日常的に使用できる港を確保したいため。恒常的に寄港される恐れが十分にあります。
 入港に抗議する市民は、26日の入港から30日の出港まで、抗議・監視活動を続け、「二度と来るな」「米軍はアメリカに帰れ」と声をあげ続けました。

続きを読む | 残り586字 |

2007-11-02 08:45

 訓練の実態暴き告発
米海兵隊による沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練の分散移転が開始されて11年目、矢臼別演習場では9回目の訓練が強行されました。

続きを読む | 残り895字 |

2007-10-24 21:26

”人間の輪”が市役所を取り囲む
 在日米軍から米空母キティホークの入港(10月26日予定)を通告され、12日までの回答を迫られている室蘭市に対し「入港拒否」を求める集会が9日、市役所前で開催され、100人を超える市民が市庁舎を「人間の輪」で包囲しました。

続きを読む | 残り261字 |

2007-09-19 08:58

 道央反核平和自転車リレー
 8月25日、26日に第7回道央反核平和自転車リレーが開催されました。

続きを読む | 残り793字 |

2007-09-18 18:18

 自衛隊イラク派兵差し止め北海道訴訟が今月3日、札幌地裁で結審しました。

続きを読む | 残り366字 |

2007-09-01 10:45

 戦後世代が「語り部2世」に

 戦後62年。戦争体験の語り部だった人々が高齢化する中で、戦後世代が「語り部2世」として、戦争の惨禍を語り継ぐ活動を始めています。

続きを読む | 残り1124字 |

2007-07-26 10:38

 児童文学者・若松みき江さんインタビュー

 憲法9条は日本の宝
 札幌在住の児童文学作家、若松みき江さん(70)にインタビューしました。「母は2歳だった3男の幸平を一人、中国大陸に残してきたことを詫び続け、戦争を起こした支配者を憎み通して生涯を終えました。幼子の泣き声に平静を失う母のような人生を、未来ある子どもたちに送ってほしくない」と若松さんは語ります。(聞き手・樋口みな子)

続きを読む | 残り1473字 |

« 1 ... 4 5 6 (7)
Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.