メインメニュー

医学生・研修医のページ

会員のページ

平和と憲法9条を守ろう

2013-04-03 10:51

息子失った母親が訴え 

 「イラク戦争10年検証」キャンペーンの一環として、札幌市で3月23日、「今、問う イラク戦争の10年と日本」が開催され、イラク戦争で息子さんを失ったローズ・ジェントルさん(イギリス在住)が、その思いを語りました。

続きを読む | 残り828字 |

2013-03-08 13:54

青年たちが緊急署名行動 

 道民医連道東ブロックの青年職員が中心となって行なっている「反核平和自転車リレー実行委員会」は、北朝鮮の核実験に反対の意思を表明しようと、「核兵器全面禁止のアピール署名」の緊急行動を14?15日の2日間、釧路協立病院で行いました。

続きを読む | 残り297字 |

2012-12-18 11:29

 県民総ぐるみでのたたかいが続く沖縄から、統一連山田義勝事務局長を迎えた沖縄連帯集会が、11月27、28日に釧路・札幌両市で開催され、あわせて100人近い市民が参加しました。

続きを読む | 残り222字 |

2012-12-17 17:17

 36回目を迎えた全道基地問題交流集会が11月17日帯広市で開催され、地元十勝をはじめ釧路、旭川、函館、札幌などから100人以上が参加しました。

続きを読む | 残り351字 |

2012-10-18 15:18

 怒りの沖縄県民大会に参加した佐々木明美さん(道勤・西区病院)

続きを読む | 残り586字 |

2012-10-13 16:04

終戦記念日の15日、全道各地で「二度と戦争を起こさない」街頭宣伝がとりくまれました。

続きを読む | 残り248字 |

2012-08-15 11:03

 被爆67年目の夏、「原爆死没者北海道追悼会」が8月6日、札幌市内で115人の出席のもと開催されました。

続きを読む | 残り377字 |

2012-08-15 10:55

砲弾ではなく花火を/矢臼別平和盆踊り 

続きを読む | 残り424字 |

2012-08-14 15:26

 57回目の夏を迎えるヒロシマ・ナガサキ。
 今年も原水爆禁止世界大会への代表派遣をはじめとして、核兵器廃絶の声を広めようと、全道各地で多彩なとりくみがすすめられています。
 とくに昨年からは、「原発ゼロ」をめざす運動と結びついて、よりいっそうゆたかに発展しています。

続きを読む | 残り615字 |

2012-07-20 16:12

平和を願う銀輪が道内各地を駆け巡っています。

続きを読む | 残り1224字 |

2012-07-07 11:54

原爆投下時の広島に、軍医として勤務していて偶然難を逃れ、その後67年間被爆者医療に深く関わってきた肥田舜太郎さんは、95歳となる今も内部被曝の危険性を訴え、原発・核兵器の廃絶のために精力的に講演・執筆活動にあたっています。
医療九条の会などの招きで、6月16、17日に北海道を訪れ、札幌・苫小牧・旭川にて800人を超える市民の前で講演をされました。その一部を紹介します。

(要約は編集部) 

続きを読む | 残り2773字 |

2012-07-05 10:14

 6月8日、札幌市内で行われた講演会「沖縄復帰から40年 沖縄戦の体験と辺野古の闘いを語る」で、島袋文子さん(写真)は、沖縄戦の体験を切々と語りました。

続きを読む | 残り284字 |

2012-06-26 16:25

 道東で第18回反核平和自転車リレーを8日から10日まで行ないました。
 「ワールド・リミット」をテーマスローガンに、総勢50人が納沙布岬から釧路協立病院までの150??を走りました。
沖縄民医連労働組合の組合員4人も参加しました。

続きを読む | 残り575字 |

2012-06-02 10:15

 全道各地で国民平和大行進が始まりました。

続きを読む | 残り399字 |

2012-03-12 14:12

 1月に設立された内部被曝問題研究会の呼びかけ人の一人である、松井英介さん(岐阜環境医学研究所長)を迎えて、札幌市(2月25日)と函館市(26日)で講演会が開催されました。

続きを読む | 残り395字 |

2012-03-12 11:22

3・1ビキニデー全国集会(静岡市)には北海道から8人の代表が参加しました。
十勝勤医協から参加した中村貴美子さん(看護師)のレポートです。

続きを読む | 残り679字 |

2012-02-29 15:17

 「沖縄の今を知り、県民と連帯する講演会」が2月21日、札幌市内で開催されました(安保破棄北海道実行委員会主催)。

続きを読む | 残り253字 |

2012-02-29 14:56

 普天間基地をかかえる沖縄県宜野湾市長選挙(2月12日投開票)が行われました。

続きを読む | 残り719字 |

2012-02-14 15:21

 1月21日に開催された北海道原水協学校において、土田弥生さん(日本原水協事務局次長・国際部長)は、「2012年を、『核兵器のない世界』への扉を開く年にしよう」と力強く呼びかけました。

続きを読む | 残り571字 |

2011-12-13 18:59

 2011年日本平和大会が11月25日から3日間、沖縄県で開催され、北海道から25人(道民医連からは労働組合代表を含めて9人の職員)が参加しました。

続きを読む | 残り920字 |

2011-11-29 14:39

 「北海道から、基地・演習場をなくそう」をスローガンに、35回目を数える全道基地問題交流集会が12,13日に基地の街・千歳市で開催されました(同実行委員会主催)。

続きを読む | 残り619字 |

2011-11-18 14:30

 医療九条の会・北海道が、憲法公布65年を記念して第12回憲法セミナー「日本国憲法と『3・11』」を開催しました。

続きを読む | 残り232字 |

2011-10-21 14:16

9月11日、オホーツク勤医協共済組合で快晴の中でソフトボール交流会を開催しました。

続きを読む | 残り294字 |

2011-09-05 10:06

 8月7日から開催された「原水爆禁止2011年世界大会・長崎」には、北海道から152人が参加。
 半数以上が30歳以下となる若い代表団となりました。
 北海道民医連から職員、家族や友の会の代表あわせて73人が参加しました。

(沢野天・県連事務局)

続きを読む | 残り1001字 |

2011-09-05 10:00

 66回目の「原爆の日」となった8月6日、札幌市内で北海道被爆者協会(越智晴子会長)が主催した「原爆死没者追悼会」が開催されました。
 この1年間で新たに23人の被爆者が亡くなられています。

続きを読む | 残り423字 |

2011-09-03 10:36

 8月6?7日、道東・矢臼別演習場のど真ん中にある川瀬牧場で「第47回矢臼別平和盆踊り大会」が行われました。

続きを読む | 残り320字 |

2011-09-03 10:16

 オホーツク勤医協で8月6日、第10回反核平和自転車リレーを行いました。

続きを読む | 残り296字 |

2011-09-03 09:17

原水爆禁止世界大会国際会議に参加した勤医協中央病院放射線部 柏樹力さん

続きを読む | 残り642字 |

2011-08-01 11:23

 道北ブロックは、原水禁世界大会の代表派遣に向けた核廃絶を求める署名と募金の協力を訴える地域訪問行動にとりくんでいます。
 7月20日の行動には、職員15人が参加し、業務終了後1時間の行動で70軒訪問。
 核兵器廃絶を求める署名50筆、原発ゼロ署名38筆を集めました。

続きを読む | 残り875字 |

2011-07-29 13:50

札幌病院・看護師 時澤美香さん 
 

続きを読む | 残り417字 |

« 1 2 (3) 4 5 6 7 »
Copyright (C) 2002-2007 北海道民医連 All Rights Reserved.