読み物

連載 北の息吹

2018年4月12日

138 シャチ豆
写真家 中島宏章

 

 黒と白のツートーンの豆です。パトカーのような、パンダのような、ユニークな模様をしていますね。右下の豆は、まるでシャチ!食べるのをためらうくらい、とても可愛いらしい豆です。この豆は、インゲンマメの一種で「パンダ豆」「シャチ豆」とも呼ばれています。市場に出回ることは非常に稀で、限られた地域で細々と栽培されているにすぎません。
 なお、日本におけるインゲンマメの主産地は北海道で、このシャチ豆も北海道在来の豆の種類。金時豆、うずら豆、虎豆、白いんげん豆など、インゲンマメといってもいろんな種類があります。
 気をつけたいのは、実はこのインゲンマメ、生食すると食中毒を起こすのです。豆に含まれるレクチンという成分がその正体。しっかり加熱をして食べたいものです。僕はさしあたり食べることはせず、可愛い模様の豆をチマチマと探すことにしましょう。

連載:北の息吹