読み物

連載 北の息吹

2018年4月26日

140 ヤチネズミ

写真家 中島宏章


 ネズミと一口に言っても、色んな種類がいます。今回紹介するのは「ヤチネズミ」という種類です。ヤチは、谷地で、ようは原野に広く生息するネズミということなんですね。実際に山から草原、畑の周りなどヤチネズミが暮らせる環境はたくさんあります。
 それにしても可愛い顔をしていると思いませんか?だから僕の意見としては、ペットとして人気のあるハムスターと何がそんなに違うのか?ヤチネズミだって、とっても可愛いじゃないか、と思ってしまいます。
 ハムスターはどんなに大切に飼育しても、3年くらいで寿命がきてしまいますよね。このヤチネズミも飼育下で最長の寿命が3年ほどとのこと。驚きなのは、野生で生きているネズミの寿命は、1年ほどらしいのです。たった1年!それほど短命だから子どもをたくさん産まなければなりません。なんとメスは生後60日で性成熟(つまり、大人)するそうですよ。

連載:北の息吹