読み物

連載 北の息吹

2018年11月8日

152 冷凍食品

写真家 中島宏章


 カナヘビってご存知ですか? ヘビと名がついてもニョロニョロの蛇ではありません。カナチョロと呼ばれていることが多い、トカゲの仲間です。わりとそのへんの近所にも生息していて、子どもたちでも慣れれば捕まえることができちゃいます。
 捕まえたら飼ってみたいというのが子ども心というもの。親としては「かわいそうだから」とか「死なせちゃうから」と飼育を阻止するのが常というものですが、小動物の不憫な死に直面してこそ、命の大切さを知識ではなく、実体験として得ることができます。子どもたちには、どんどん小動物と戯れてほしいですね。
 餌はバッタなどですが。冷凍したバッタを与えていたら、ビタミン不足で病気になった例があるそうです。でも、餌を生き餌に変えたら速攻で完治したそうな。自然な暮らしとかけ離れるから思わぬ病気が出てくる。自宅の冷凍庫のストックを見ながら僕は考え込んでしまいました。

連載:北の息吹読み物