読み物

連載 北の息吹

2019年8月8日

169 ズボラも良し

写真家 中島宏章

 チゴハヤブサは、ハヤブサよりも小型で主に昆虫や小鳥を餌にしている猛禽類です。
 夏になると南の方から北海道や東北地方に渡ってきて、国内で繁殖をする典型的な夏鳥といえます。
 ハヤブサの仲間は大空を猛スピードで飛ぶ、そんなイメージがありますし、実際にその通りです。名前も「速い翼(つばさ)」が転じて「隼(ハヤブサ)」という名前になったとか。まさに空の王者といえましょう。
 そんな立派なハヤブサの仲間ですが、こと自分の家に関してはズボラ。普通、鳥といえばとても丁寧に巣を作りますよね。でもハヤブサの仲間はみな家には興味なし。
 チゴハヤブサもそうで、子育てをするのは決まってカラスの古巣を利用します。
しかも、中古物件といえども、手の込んだリフォームなど一切しません。まさにズボラ。
 少しくらい欠点も必要。全ての面において傑出するのは贅沢といえましょう。

連載:北の息吹