読み物

書籍紹介

2019年8月8日

歴史戦と思想戦
歴史問題の読み解き方
山崎 雅弘 著

 「あの戦争は日本の侵略ではなかった」「南京大虐殺のデタラメ」「慰安婦問題の捏造」など、「自虐史観」という言葉とともに出版業界、マスコミの動きが活発になっている。発信元は、歴史学者や有名新聞社であり、「真実はどこにあるのか」と戸惑う国民も多い。
 中国や韓国からの歴史問題への批判も、「日本への不当な攻撃」と喧伝する、まさに歴史を武器にした「戦い」=「歴史戦」が展開されている。本書は、意図的に過去の戦争を美化する、その行為を正当化する策動=「歴史戦」において展開される歴史の捏造を丁寧に史実に基づき解説し、いまを生きる私たちが向き合うべき事実、心に刻むべき反省とは何かを問う。「歴史戦」への敗北、無関心は、戦前日本が犯した行為の反省から生まれた日本国憲法の存在意義を否定、憲法改正を推進させる力になると警鐘を鳴らす。また戦前ナチスドイツの歴史から、「個人的不満」をより弱い者への攻撃に転換、昇華させた「思想戦」の歴史をとりあげ、貧困と格差の中で行き場のない、いまの政治の危険性を説いている。(德)【集英社新書・920円+税】

読み物シリーズ・講演