読み物

連載 北の息吹

2019年10月10日

173 優良物件

写真家 中島宏章


 キツツキの仲間は自分で木に穴を開けて巣穴を作ります。そんなキツツキの巣穴にも、これはお見事!という物件をたまに見かけます。この写真の巣穴はまさに、そんな優良物件の代表でしょう。なんと穴の上に立派な屋根があるではありませんか!おそらくこの屋根はいわゆるサルノコシカケと呼ばれているキノコです。ここに巣穴を掘ったキツツキさん、実にアッパレです!
 サルノコシカケの仲間は木材を分解して栄養とする腐朽菌ですから、とりつかれた樹木にとっては迷惑なのかもしれません。とはいえ、こういった好条件の屋根を提供するという意味では、動物たちにとっては大歓迎でしょう。キツツキの巣穴というのは。施工主であるキツツキ本人が使わなくなったあとも、モモンガやネズミやコウモリたち小動物が再利用をする人気中古物件となります。屋根付きの穴となれば、なおさら取りあいになるかもしれません。

読み物連載:北の息吹