読み物

書籍紹介

2020年2月27日

ビー・アンビシャス9条の会・北海道 編纂

北海道大学ピースガイド

 北海道大学といえばクラーク博士、ノーベル賞を受賞した鈴木章さん、寮歌「都ぞ弥生」、ポプラ並木などが有名。全国からあこがれて受験する若者も少なくない。
 しかし、戦時中に現在の農学部に陸軍大本営が設置されたこと、雪の結晶研究で有名な中谷宇吉郎先生がニセコで軍の要請を受け、ゼロ戦の凍結実験をおこなっていたこと、工学部の学生であった宮澤弘幸さんとレーン夫妻がスパイ容疑で投獄された冤罪事件、アイヌ人骨問題など、歴史上見過ごしてはならない問題も多い。
 昨年の北海道命名150年に続き「北大創基150年」を前にして、北大の歴史を、光だけではなく、影の部分も含めて正しく知ってほしいとの思いから、大学教員、研究者、卒業生らが本書を執筆した。
 これからの北大には、歴史の真実に目を背けることなく向き合うことが求められる。それが、国民、道民、若者の期待に応える道であると思う。ぜひ、たくさんの職員に読んでほしい1冊。北大生協書籍コーナーで販売中。(桜井孝明・勤医協福祉会)【ビー・アンビシャス9条の会・北海道/900円+税】

読み物シリーズ・講演