読み物

連載 北の息吹

2020年3月12日

182 タンポポ

写真家 中島宏章


 キアゲハがタンポポの花に舞い降りてチュウチュウと蜜を吸っています。細長いストローのような口吻をタンポポの花ひとつひとつに次々と入れています。タンポポの花って、小さな花ビラがたくさんありますよね。実はこれらがすべて1つ1つの花なんです。200個ほどの小さ花が集まったものが、いわゆるタンポポの花なんです。
 たしかに綿毛になれば、たくさんの種が1つのタンポポからできますね。写真のように1つの花を詳しく見てみるとわかります。小さくても、れっきとした1つの花だということがわかりますよね。
 では、この1つのタンポポの花の花ビラは何枚でしょう?いやいや見た目どおり1枚でしょう?と思われますよね。実は生物学的にはタンポポの花ビラは5枚。5枚の花ビラが結合しているんです。よーく目を凝らして見てみると、花ビラには4本の筋が入っていて、先っぽは5つのギザギザがあります。なんか不思議ですねえ!

読み物連載:北の息吹