読み物

連載 北の息吹

2020年8月21日

北の息吹 
191 ニワトリ恐竜

写真家 中島宏章

 

 大昔、地球に確かに生存していたはずの恐竜たち。実はこの恐竜の生き残りが鳥類だということは最近やっと分かったことです。そして、現在までに描かれている恐竜の姿は想像でしかありません。現在の私たちに、当時の恐竜のことを教えてくれるのは骨の化石ですよね。その骨格に、現在地球上にいる動物たちの姿を参考にして描いたのが、よくある恐竜のあの姿形ということになります。
 このニワトリの写真を見てください。まるで恐竜!ニワトリを見て遠く白亜紀に思いをはせる。これってロマンだと思いませんか?
 そう。当時の恐竜の姿を想像するのは実に楽しい。ステキな本を紹介します。「恐竜 骨ぬりえ」です。恐竜の骨格の上に「自分で想像をした」恐竜を描いていくという、全く新しい「ぬりえ」です。コロナで旅行できないかわりに、タイムトラベルができる本ですよ。(岡田善敬著/小林快次監修・角川書店・1375円)

読み物連載:北の息吹