読み物

連載 北の息吹

2020年10月23日

195 サルナシ

写真家 中島宏章


 「猿梨」を知っていますか?別名「コクワ」といえば分かる人もいるかもしれません。梨に似た果実をサルが好んで食べることから「サルナシ」と名がついたそうです。
 実際、サルナシは大変おいしい。濃厚で爽やかな甘み溢れるジューシーな完熟の実は、まさに珍果といえましょう。ハシブトガラも熟した実をつついていました(写真右下)。そうそう、ヒグマも大好きな秋の味覚です。
 収穫した実を僕の父親にお土産すると「なつかしいな!」と喜んでくれました。子どもの頃、木に登っては、採って食べていたそうです。「まだ若い実は母さんが米ぬかに入れて熟させてくれたんだわ。これ食べると、なぜか尻がかゆくなるんだよな!」と嬉しそうに昔話をしてくれました。そう、サルナシはキウイの仲間(実を切るとまるでキウイ!)。ですので人によりアレルギー症状が出ます。つい、おいしくて食べすぎてしまいますが、お気をつけあそばせ。

読み物連載:北の息吹