現場から

気軽にサッとトレーニング

2019年1月1日

十勝勤医協 短時間通所リハビリを開設

 デイケアの大規模化・長時間化にともない、「運動はしたいけど長い時間のデイはいやだ」という利用者さんがいます。こうした声を受けて十勝勤医協では、12月から短時間デイケアを開設しました。


目的に応じてケア
 エルゴメーターや不安定盤などのさまざまな機械、障害物のある歩行空間、自作のビデオなどを使って、ストレッチや足踏みなどを1~2時間おこないます。
 比較的元気な高齢者が利用しています。「歩き続けると関節が痛くなるから運動したい」「昔ほど歩けなくなったので体が動くうちに運動しておきたい」など、目的はそれぞれです。送迎はおこなっていますが、食事や入浴はありません。主に理学療法士と介護福祉士、看護師、相談員がサポートしています。
 介護度の悪化やADL低下を防ぐため、利用者さんの状態や要求に応じてプログラム内容を提供し、気軽に使える短時間デイケアをめざしたいと考えています。(星山 等・理学療法士)

現場介護