ムーヴメント

「介護に笑顔を」

2019年11月14日

改善求めスピーチ&パレード

隣席の参加者と対話しながらコミュニケーションを学びました
 11月11日の「介護の日」にあわせて、「介護される人もする人もみんな笑顔に!北海道連絡会」は10日、スピーチ&パレードを札幌市内で開催。介護の現場で働く介護福祉士、看護師、リハビリ技師など100人が介護保険制度の改善と充実を訴えました。
 スピーチでは政府がすすめようとしている介護保険制度の改悪について、職員や利用者が実態を語り、充実を求めました。集会後は「サービス増やして介護に笑顔を!」のコールでパレード。沿道の市民も手を振ってエールを送りました。 (木幡秀男・県連事務局)

ムーヴメント政治・社会社会保障介護