ムーヴメント

「住民に不安広がる」 厚労省が424病院に「再編統合」検討を要求

2019年10月24日

地域医療と公立病院を守る北海道連絡会  撤回求め北海道に申し入れ

 「地域医療と公立病院を守る北海道連絡会」は10月23日、北海道に対し、厚労省が発表した病院再編・統合計画の撤回を求めるよう要請行動をしました。


 北海道医療労働組合連合会の鈴木緑委員長が「厚労省『病院再編・統合』要請の撤回と道民の命と健康が守られる医療体制を求める要望書」を道の担当者に手渡し(写真)、「公表された54病院は地域に必要な医療機能を担っている。住民や自治体の要求をしっかり聞き、計画の撤回と、不足している医療技術者の確保をするよう道として国に求めてほしい」と要望書の趣旨を伝えました。
 道の担当課長は、「発表は一律削減を求めたものではないと認識している。人口減少のもと、今ある病院の機能が妥当かを検討する機会を与えたもの」と発言。これに対し、北海道勤医協など参加した団体は、「道民への説明がほとんどされておらず、不安が広がっている。医療機能の確保が困難な自治体の住民から不安の声が出されている。道としてしっかりと対応を」などと要求しました。
 連絡会は今後も引き続き、道との懇談や要請をおこなうことにしています。

社会保障政治・社会医療