ムーヴメント

初めて聞く話 勉強になった

2020年1月1日

綱領ブックレットで連続学習
北海道保健企画 新道ひまわり薬局

綱領学習にとりくむ東区ひまわり薬局の職員

 北海道保健企画・東区ひまわり薬局は毎週、全職員の参加で綱領ブックレットの連続学習会をおこなっています。5月からはじめて12月で25回になりました。
 最も多くの職員が集まる朝の打ち合わせの時間を使い、職員が交代で講師を担当します。毎回必ず意見を交流し、家庭的な柔らかい雰囲気の中で素朴な疑問や意見が飛び交う貴重な時間となっています。
 入職6ヵ月の事務職員は地域連携とまちづくりについて自分の言葉で報告し、好評でした。
 ベテランの薬剤師からは、阪神淡路大震災の状況や、沖縄の基地問題、平和運動など自身の体験を交えて重みのある報告がされ、当時を知らない若い世代から「初めて聞くことが多く勉強になった」と感想が寄せられました。
 意見交換でベテラン世代の職員から、「『たたかう』という言葉には、私たちがとりくんで勝ちとってきた仲間の思いがつまっている。ぜひ若い世代につながってほしい」と語られました。若い世代からは、「先輩たちの思いや苦労が心を打ちました。地域に出て困っている人に手をさしのべていきたい」という意見が寄せられるなど、毎回充実した内容になっています。これからも職種や世代を超えた交流をしていきたいと思います。(石井智幸・東区ひまわり薬局)

現場ムーヴメントイベント・集会